無理なく無駄なく楽しく暮らす

見渡せばいろんな人がいる

街を見渡せばいろんな人に会う。

 

いつも朝のバスで会うおじいちゃんは、

息子のサッカー帰りの夜8時半頃に

道を歩いているのを見かける。

朝8時から夜8時まで働いているのかと、

何をしている方なのか気になる。

 

3日連続、違う場所で、

同じおばあちゃんに会ったりもする。

そのことを夫に話したら、

実は私にしか見えてないんじゃないの?

と笑われた。

そんなこともあるんかなーと、

ちょっとだけ、本気にしてしまった。

 

今日会った人は、

それはもう大変大事そうに

ナイロンバッグを持っていた。

その中に金魚鉢が入ってて、

水が溢れないようにしているかのように。

さぞかし大事なものなんだろう。

一体、中身は何だったのだろう。

 

意外と街を見渡せば、

いろんな人がいて、

面白い発見がある。

 

毎日忙しくしてると気づかないこと。

ちょっと横を見るくらいの余裕を持って

忙しくない振りをしていたい。

 

 

 

 

ピカピカになる!?アクリルたわしが使える場所とは?

what

1日たった1回だけで良いのです。

それだけでビックリするくらい綺麗になる。

その正体は、我が家の必需品の1つアクリルたわしです。

蛇口の銀色部分を1日1回こするだけ。

洗剤も使わなくても、水垢が取れてピカピカになります。

蛇口がくすんでいないだけで、空間が綺麗に感じますよ!

アクリルたわしを使うところは?

その他にも、食器洗いに、お風呂に、洗面所に。

ワイシャツの襟汚れや、上靴洗いにも使っています。

しかも頑丈で、長持ち!

頑固な汚れでなければ、洗剤要らずで大丈夫です。

エコの中のエコですね。

いろんな編み方があるのですが、網目が詰まったものの方が

汚れは落ちやすくて、長持ちします。

お風呂においているアクリルたわしは、もうすぐ丸2年。

様々な用途に合わせたたわしもあるけれど、

アクリルたわしにはかなわないです。

アクリルたわしを作る?

私は作りません!

いや、ちがいます!

作れません!ですw

アクリル毛糸を買ってきて、いろんな形に編んでみたいんですが、

何しろ、編み物が苦手で・・・。

作ってみたい気持ちだけはありますw

できるようになるまでは、当分先になりそうです。

なので、できないことは無理をせず、

最近は、障がい者施設の方が丁寧に作ったアクリルたわしを購入しています。

アクリルたわし

とても網目が整っていてきれい!!

いつも大切に使わせていただいております。

お風呂のは、少し大きめにしたり、

洗面所のは、人目につくこともあるので、

小さめでおしゃれな形や色のものにしたり、

食器洗い用には、シンプルな四角や丸型になどと、

用途に合わせたデザインにすると良いですね。

モノを増やさないために

そもそもモノをあまり増やしたくないなーって思って

使い始めたのがアクリルたわしでした。

最初は、洗剤要らずってほんと?

本当に汚れは落ちるの?

っと、疑問だらけでした。

それが、意外と洗い上がりがキュッとなるんです!

特に、カップの底や側面の茶渋がきれいになったのは衝撃でした。

1度きれいになる事を体験すると

あるもの全てをきれいにしたくなるタイプなので

カップをピカピカにすることを楽しんでましたw

ちょこっと洗う時、洗剤を使うまでもないなーって時は、

絶対アクリルたわしがオススメです。

1枚は常備させていても良いですね。

 

 

 

リサイクルにもなる牛乳パックを使ったスッキリ収納術!

無事に生活セミナーが終了いたしました。

あいにくのお天気だったのですが、お越しいただきありがとうございました!

何回かセミナー形式でご紹介させていただいている牛乳パックを利用した収納方法を、今回はワークショップ形式で行わせていただきました。

今回は、実際に牛乳パックの仕切り、収納ボックスを3種類作っていただきました。

今回の『婦人之友』にも掲載されている内容なので、リンクしている生活セミナーでしたのでとても良かったとの感想をいただきました。

牛乳パックの無限の力

牛乳パックで収納の仕切りを簡単に作ることができるのですが、私がこの方法を知ったのは、今から5年前です。

台所の収納スペースの仕切りを100円ショップで購入していたのですが、引っ越しの度に、アパートのキッチン収納の規格が異なるので、毎回買っては捨てを繰り返していました。

いくら無駄になったのかな。。。

100円でも総額となると結構な金額になると思います。

山﨑美津江さんが行っている方法として知った牛乳パックで仕切りを作る方法は、牛乳を飲む家庭にとって費用もかかることが無いので、家計を圧迫する必要もありません。

その魅力に取りつかれて、試行錯誤、思いついてはパズルのように組み合わせて利用しています。

牛乳パック仕切りを利用できる所

整理したい収納場所の全てに牛乳パックの仕切りは利用することができます。

我が家で利用している場所は以下になります。

  • 冷蔵庫
  • 乾物収納ボックス
  • お菓子ボックス
  • キッチンの引き出し収納内(調味料・皿・湯呑・カトラリー類)
  • 洗面収納棚
  • ゲームソフト収納
  • 子供の引き出し収納内(筆記用具・文房具など)
  • 衣服収納の引き出し

本当にいろいろなところに使えるんですよ!

今は、無印でも100円ショップでも、無駄のない形の収納仕切りが販売されるようになって見た目がスッキリと見えることで、インスタ映えしますし、利用されている方が多くみられます。

私も試しに購入して利用してみました。

もちろんきれいにはなるのですが、先ほどお伝えした収納場所全てに利用するとなると、いったい何個買いそろえれば良いのか…というところにぶち当たります。

そんなに収納場所にお金をかけられません。。。

収納とは、自分や家族が何も考えなくてもきちんと整理できるようにすること物の管理ができて無駄買いを防ぐためにすることが、そもそもの目的です。

それに、あえて人に見せびらかすところではないと私は思いますので、そこにお金を費やすことがとても無駄に感じるのです。

牛乳パックの仕切りも、先ほど述べた収納箇所に使用するとなると、実際、相当本数分が必要となりますが、タダです!

牛乳パックは、真っ白ですし、見た目も不快ではありません。

それに、既製品の仕切りも牛乳パックの仕切りも、日が経つと埃がたまってくるものです。

規制品の場合、定期的に洗って拭いて乾かして利用するのも面倒ですし、個数が多いとその分掃除するのに、多くの時間を費やすこととなります。

牛乳パックであれば、新しいものに変えるだけで良いのです。

特に冷蔵庫内に使用すると、液垂れしても、新しいものに変えれば時間もかからず、すぐにきれいになります。

楽に考えて良いのです!

セミナーを行って、いろいろな方の悩みを聞くと、気持ちの面での悩みを良く伺います。

  • 取り掛かるまでが面倒
  • どこから手を付けて良いかわからない

そのため、結局、整理できずに悩んでいらっしゃるようです。

今回も皆さまへお伝えさせていただいたのですが、もっと大雑把に楽に考えて良いのです。

この牛乳パックの仕切りも、きちんと長さを図ってとか、中心を必ず合わせてとか、定規を使って線を引いてとか、そんなことしなくて良いのです。

皆さん真面目な方が多くて、きっちり揃えなきゃ!って思っていただいていて、それが結局、面倒くさいと感じてしまう原因の1つになってしまうのです。

だから、適当に行ってください!と念押ししました。

だって、さっきもお伝えしましたが、引き出しの中とか、冷蔵庫内とか、あえて人に見せびらかすところじゃないですもん。

  • 何も考えなくてもきちんと整理できるようにすること
  • 物の管理ができて無駄買いを防ぐためにすること

そうすると、物を探す時間が減るから時間に余裕ができて、気持ちにゆとりができますよ。

物の管理が見てすぐにわかるから無駄なお金を使うことが無くなるので、家計にゆとりができますよ。

まずは1つの引き出しの整理から初めてみませんか?

また、他の場所でもセミナーをすることになりましたので、日程が決まりましたらお知らせします。

milkstorage

今回の牛乳パックの仕切りの作り方は、『婦人之友 2017年10月号』にも詳しく掲載されておりますのでぜひ興味のある方はご覧になってみてください。

ワンポイントアドバイス!

飲み終わった牛乳パックは、口を開き、石けんや洗剤で良く洗ってから乾かしてください。

水洗いだけだど、べたついたり匂いが気になる場合があります。

乾かした後に、台所用のアルコールなどで拭くとより清潔になりますのでおすすめです。

 

変わりたいと思う気持ちで暮らしは変えることができる。

忙しいなーと思えることって、とても幸せだと感じます。

どうにか、やるべきことを時間内にやってやろう!とか、忙しいけどこれもやったら私の勝ち!とか、勝手に自分で目標のようなものを毎回掲げているのですが、本当に忙しいことが楽しくて幸せに思います。

今から6年前になりますが、『かぞくのじかん』という雑誌に偶然出会って、家計簿の講習会に参加しました。

その当時、仕事もしていなかったのですが、子供の子育てに上手くいかず、どうにもこうにも生活が上手く回っていなくて。

今よりも時間はたっぷりあったのですが、忙しくて大変って感じる毎日でした。

その考え方が変わったのが、家事家計講習会でした。

家事家計講習会は、全国友の会が毎年開催している講習会で、ご存じの方もいらっしゃると思います。

全国友の会ってなに?

全国友の会は1930年羽仁もと子 の思想に賛同した女性たちによって生まれた団体です。
キリスト教精神に基づく愛と協力をモットーに、健全な家庭をはぐくみ、地域に働きかけ、
よりよい社会を創りたいと活動しています。

創設者である羽仁もと子がキリスト教徒であるので、宗教団体と思われる方もいるのですが、そのようなことではなく、衣・食・住・家計をより良くしたいと思っている主婦の方の団体です。

ちなみに私は家に仏壇があるので仏教徒なのかと。

特に友の会に入ったからと言って、キリスト教徒にならなきゃいけないということもありません。

現在は、NHKの朝イチでもスーパー主婦の集まりとしてメディアに取り上げられることも多くなり、山﨑美津江さんや井田典子さんの活躍で友の会をご存じの方も多いのではないでしょうか。

初めて参加した家事家計講習会には、山崎美津江さんや井田典子さんが所属されていました。

今思うとなんて贅沢な!と思いますw

何ヵ月か、体験で集まりに参加したり、講習会に参加して、どうしても生活を良くしたい、それを教えてもらいたいと思って相模友の会で入会し、現在に至ります。

山﨑さんと一緒にかぞくのじかんに掲載いただいたことも、講習会のお手伝いをさせていただいたことも私の財産となりました。

お二人を始め、他にも素晴らしいベテラン会員さんが多くいらっしゃり、本当に濃密な時間を過ごすことができました。

家事も家計も教えてもらうことって、親以外からは無いですよね?

親がやってたから、お姑さんがやってたから、って真似して覚えていくもので、それが効率が悪かったり自分には合っていないやり方であっても、それをどう変えたら良いかって、自分では気づけないものですよね。

それを同じ年代の方はもちろん、様々な年代の方に問いただせば、前回の記事のように、100人いれば100通りの方法が返ってくるのです。

そこから、自分に合う方法を試してみて、失敗して、また聞いて、そして改善して。

それを繰り返し行っていくことで、生活にゆとりができ、楽になり、家族の時間がより良いものに変わっていくことができるようになるんです。

『変化』を嫌わないこと

何でもそうなんですが、『変化』が大事だと思います。

ずっとやってきたことを『変化』させることは、簡単なことではありません。

一歩踏み出して、変化させてみる。

そうすることで、失敗もする。

思い通りにいかないことの方が多いし、辛いことやきついことの方が多い。

でも失敗したら、それが自分には合っていなかったことが分かる。

そしてまた新しい変化に気づくことができる。

少しずつ変化させることで、様々なことが相乗効果で良くなっていきます。

私は、あの辛かったとき、変な団体だったらどうしよう、と思って少しビクビクしながら参加した家事家計講習会に行ったことがきっかけで、様々な方に出会い、気づきをもらい、失敗しながら今もいろんなことを試してみて、家族との生活が良くなってきました。

講習会に向けて

現在、私は引っ越しをして福岡にある久留米友の会に所属しています。

今、私は専業主婦ではないため、ずっと友の会の活動に参加できているわけではありません。

仕事をしているのでどうしても月に1,2回の参加になっていますが、その場所で生活の向上ができるように話をするだけで、もっと良くしていきたい、もっとこうしたいと意欲が沸いてきます。

昔からですが、家計簿のことと食のことは、ずっと課題です!

他のベテラン会員さんの知恵や工夫が今の私の生活に役立っていることは、今も私にとって財産が蓄積されていっています。

さて、今年は私自身の生活基盤が少しずつ整ってきたこともあって、久々に友の会の生活セミナーと家事家計講習会での発表をすることになりました。

今日は、原稿の手直しをしていましたが、まだまだ改善するべき箇所が多数あります。

そんなことで毎日忙しい感じになってます。

でも原稿書きが楽しいです!

セミナーや講習会に来てくださる方との出会いも楽しみです!

昨今は共働き世帯も多いため、友の会へ入会せず、講習会や生活セミナーだけに来られる方も多くいらっしゃいます。

私個人としては、生活を変えたい!と思ってきていただけるので、入会せずとも良いと思っていて。

そんな方々へ伝えたいことが届くか、というところを試行錯誤しているところです。

活動することが難しい方にも、いつかの私が変化という気づきをもらえたみたいに、今度は私の講習を聞いたことで変化を感じてくれる方がいてくれたらと切に願います。

子育てで常に問われる親のあり方

小学校3年生にもなると、行動範囲も広くなりはじめ、仲の良いお友達と遊ぶ約束をして自分達で遊ぶようになってきました。

少しずつ自立してきている様子が見えて子供の成長が頼もしく感じます。

ただ、まだまだ約束をすることも練習が必要で・・

約束時間が違ったり、遊ぶ場所が明確でなかったりということもあるので、そのうちできるようになるのかなーと、できるだけ見守るようにしています。

さて、この時期の仲間意識がときに仲間はずれを招くようなこともありまして。

遊ぶ約束をしていないお友達がその場に来ると連絡があり、その場にいた子供たちは約束してないけどという雰囲気になったのです。

そんな時に、親はどう接したら良いの?とそれを見ていたお母さんから相談がありました。

普段からケンカしたり、遊んだりと仲よくしているのは知っていたので、来たら来たで仲良く遊ぶと思ったので、『まぁ、来てくれるんだからいいじゃん♪』くらいにかるーく流したらいいよ、とお伝えしました。

結局、その後は仲良く遊んでいたようです!

良かった~w

親のあり方を考えたい

子供同士の人間関係、すっごくすっごく気になります!!

以前、夫に、

『結局人間関係をこじらせているのは母たちがアレコレ言うからおかしくなる!』

と言われたことがあります。

本当にそうだなと思います!

子供たちは本来あまり気にしていないんですよね。

だけど、親が気にしている雰囲気をかもし出すと、子供は同じように感じ取ると思います。

親が気にするから、子供も気にする。

結果、そのグループに亀裂が入り、親同士にも亀裂が入る。

お互い、意見交換もしていないのに、お互い勘繰った状態で雰囲気が最悪に。

良くある学校生活の問題となるパターンですね。

結局、きっかけになっているところは【親のあり方】だと思うんです。

いろんなことにアンテナを張っていることは重要だと思いますし、親としてするべきことだと思います。

ただ、それを口に出すか、出さないか。

雰囲気に出すか、出さないか。

たったその選択の違いでの子供への影響って大きいです。

もちろん、親にとっても。

100人いたら100通りの考え方があるのは当たり前。

その中には、自分と意見が全く反対の方が存在するのは当たり前。

むしろ、全く正反対の方に出会ったときこそ、自分とは意見が絶対違うのでチャンス!です。

だって自分が考えていること以外の意見を聞けるなんてすごいことですw

子供にもそれを伝えるようにすると、グチグチした事を人に対して言うことは無くなります。

子供との意見交換

子供たちも自分達の考えがきちんと育ってきている年齢ですので、子供なりの様々な意見はあると思います。

それを聞いた上で、私なりの善し悪しを伝えると、お互い話し合うことができます。

親の一方的な意見の押し付けはなるべくしたくありませんので、ケンカのような言い合いになったとしても、意見交換は必要だと思います。

それで、子供が主張したことでたとえ失敗するだろうな、と経験上わかっていることであっても、その主張でやってみることを伝えます。

まずは、萎縮せず自分の意見を伝え、それを行動し、結果は自分で経験することが理想だと思っています。

私は男の子しか育てたことがありませんので、女の子の世界はまた違ってくると思います。

ただ、やっぱり親がグチグチせず、信念を持って過ごしていれば、自然と人間関係はうまく行くことは間違いないと思います。

さぁ、毎日のように息子と朝から言い合いをしていますが、今日も負けないように仲良くケンカしますw